肛門からの出血が全て「切れ痔(出血は少ないものの、痛みや痒みを感じることが多いです)」が原因という訳では無く、内臓の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)からきているケースもあります。 肛門からの出血を伴う病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)は、一般的に次の4つです。 ・大腸がん ・大腸ポリープ ・潰瘍性大腸炎 ・肛門がん これら4つの病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)は、全て肛門から出血を伴う場合が多く、切れ痔だと勘違いする可能性が高いです。 大腸がんや肛門がんは、場合によっては命に関わる事もあるので、早めに見極める必要があります。 まず、肛門から出血した場合、血の色に注目してください。 もし、混じり気の赤い色をしているのであれば、切れ痔だと思って下さい。 血の色が黒っぽかったり、混じり気のある場合は、内臓から出血している可能性があるため、大腸がん・大腸ポリープ・潰瘍性大腸炎・肛門がんの疑いがあります。 万が一、そのような混じり気のある血が出た場合は、すぐに病院で検査を受けて下さい。 ただの切れ痔でも、そのまま放置してしまうと、症状が悪化することも多いので、どちらにせよ早めに対処しましょうー